FC2ブログ
B級人間のひまつぶし日記
B級(ダメ)人間による漫画,アニメ,ゲーム,日々の出来事などについての日記?をひまつぶしにどうぞ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近なんだかダレダレです- -;
やる気が起きないんですよねぇ。
就活やらなきゃいけないのに・・・あぁ~鬱になる、鬱になるorz
そんなこんなでここ最近ニコニコ動画やYouTubeで動画を見て現実逃避しておりました。
・・・ダメすぎだわorz

ニコニコ動画、最近なにかと名前は聞いていたのですが、どういったものなのかあんまり知らなかったので利用してみることに。
なかなか、うまいこと考えられてますね。
動画をYouTubeなどから借りてくることで動画サーバー設けなくていいし、動画の管理もしなくてすむし。
面白そうな動画や貴重な動画も集まってきますしね。
コメントは正直初めはどうでもいいかなぁって思ってました。
再生画面にコメント表示ってだから?って感じだったんですが、これがなかなかいいスパイスになってたりするんですよね。
ただ2ちゃ○ねらーっぽいのが多いのが玉に瑕かなぁ^^;
それにしてもいろんな動画があるものですねぇ。
ストリートファイター1の動画(ニコニコ動画)とかちょっとした衝撃だったかも。
スト1ってこんなゲームだったのかと。
サガットがボスだってことぐらいしか知りませんでしたから。
あとデジモンの動画をちらほら見てました。
やっぱり『ぼくらのウォーゲーム!』最高だな。
今見てもおもしろい;;
DVD欲しくなってSofmapで探してみたけどなかったんですよねぇ。
今度、別の場所でも探して見ますか。

っと、ニコニコ動画を見ていてYouTubeにはまだまだ面白い動画や貴重な動画が潜んでいるのだなぁっと実感しました。
ってなわけで今度はYouTubeを直接探って見ることに。
・・・!!
こっ、これは!!!

VS騎士ラムネ&40炎OP

「俺は今、猛烈に熱血してるっ!」
なんて懐かしいんだ;;
小学生のころ、このアニメ大好きだったんですよねぇ。
今でも↑のフレーズは脳裏に焼きついています。
でもこのアニメ、知り合いの誰に聞いても知らない、知らないといわれます;;
っとここで思い出す。たしか最終回のビデオテープ残ってたのではないのかと。
そして探す、探す。
・・・あぁったぁぁあ嗚呼!!
VS騎士ラムネ&40炎最終回 VS騎士ラムネ&40炎最終回
VS騎士ラムネ&40炎最終回 VS騎士ラムネ&40炎最終回

昔の私ナイスb
よくこんな古いの残ってたもんだよ^^

っとまぁ、こんな感じで動画をあさっておりました。
・・・って、こんなことしてる場合じゃないでしょ、私。
ほんっと、ダメ人間だわorz
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
動画、面白いです。
初代ストリートファイター、笑いました。
面白いなぁ。
動画あさり、面白そうですね。

あ、そうだ。

楠桂さんは、双子の漫画家さんですよ。
お姉ちゃんが、「大橋薫」さんです。
二人とも、美人さんです。

…参考までに。にやり。

また遊びに来ますね。
2007/02/07(水) 22:37:09 | URL | もん #-[ 編集]
>>もんさん
探してみると結構面白い動画があるものですよ^^

大橋薫先生のことは知ってますよ。にやり ̄ー ̄
っといっても最近気づいたのですが^^;
以前ヤングガンガンにて2号連続特別読み切りとして『ガールズ・キングダム』という作品が載っていたのですが、その作者さんが大橋薫先生でした。
大橋先生のブログ見るまで気づかなかったんですが^^;
以前に御二人共同のHPを見て名前は見ていたはずなんですけど読み切りを読んでいるときは全然気づかなかったんですよねw
でも、面白かった作品なので作品自体はよく覚えてました。

HPを拝見したときに姉妹なのかなぁっとは思っていたのですが、双子さんだったのですね。
参考になりました^^
HPを見るとちゃんと大橋先生のプロフィールのところに書いてあるし^^;
よく見ろよ、私orz
おぉ!楠先生のプロフィールには写真が貼ってある。
大橋先生の写真も秘密の部屋のほうに貼ってありました^^
たしかにお二人とも美人さんですね☆
2007/02/11(日) 17:34:03 | URL | ganma.γ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bkyuu.blog49.fc2.com/tb.php/131-aedd87c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。